スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会を終えて

さて、第1回チーム制創作譜面大会が終わりました。

いやはや、txtの記述間違えたり評価発表時間適当だったりして申し訳ございません・・・。


至らないところばかりではありましたが、参加して下さった皆様ありがとうございました。


以下大会の感想

上位譜面は流石と言ったところですね・・・。

譜面を全体的に眺めてみて、大きく分けて3つのグループに分かれるのではないかとか考えています。

まず、いわゆる上位勢。

彼らは、基礎的な音取り、どの音をどんな感じで取るかの判断に優れていて、またさらにその基礎を尊重しつつ、自分なりの説得力のある譜面が作れている人たちだと思います。

ま、とくに上位勢については言うことありません。

そして、なかなか上位勢に近づけない中位勢・・・とでも呼びましょうか?

彼らは、そうですね・・・、基礎的な音取り、構成は出来ているのですが、そこで止まってしまっているのではないでしょうか・・・。無難な譜面という言葉がよく使われますが、無難さ・・・を打破する何かをつかめるようになれればいいのではないでしょうか。
今回の大会では一押し数も集計しましたので、何かしらの参考にしていただければ幸いです。一押しは、2つも付いていれば十分だと思います。

そしてなかなか大会で思うような結果を残せない方々・・・。

そうですね・・・まず無難な譜面を作ってみてはいかがでしょうか?無難と言うと聞こえが悪いですが、案外作ってみると難しいものです。無難さは大事なのですね。
どうやって無難な譜面を作るのかですって・・・?そういうアドバイスがふんだんに含まれているのが、今大会の感想ですよ。

・・・とまぁイチイチ偉そうなこと言ってきました、ごめんなさい。私自身もあまりアレな譜面しか作れないので、なんとも言えませんが・・・。


次はBPM190以上大会なるものがあるそうです。

今大会を反省しつつ、さらに自分を高めていくのも、いいのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。